2006年04月21日

オックスフォード大学博士課程合格!

今日は、とても嬉しいことがあったので、幸せをシェアさせて下さい!

僕の愛する妻が、本日、何とオックスフォード大学の博士課程に合格しました!
文字通り賢妻愚夫を地で行く夫婦関係であり、Dreamerな僕をいつも縁の下で支えてくれている妻ですので、そんな彼女の合格は本当に嬉しいです。

唯一の懸念は、$$$ですね・・・。
奨学金が確保できていないゆえ、彼女も少し躊躇しているようですが、お金では買えない経験ですので、何とか自分の好きな道を追求して欲しいと思っています。

そんな訳ですので、どなたかお勧めの奨学金をご存知の方がいましたら、どんな些細な情報でも結構ですので是非教えて下さ〜い!!!

  

Posted by goa2ibiza at 09:49Comments(78)TrackBack(0)

オックスフォード大学博士課程合格!

今日は、とても嬉しいことがあったので、幸せをシェアさせて下さい!

僕の愛する妻が、本日、何とオックスフォード大学の博士課程に合格しました!
文字通り賢妻愚夫を地で行く夫婦関係であり、Dreamerな僕をいつも縁の下で支えてくれている妻ですので、そんな彼女の合格は本当に嬉しいです。

唯一の懸念は、$$$ですね・・・。
奨学金が確保できていないゆえ、彼女も少し躊躇しているようですが、お金では買えない経験ですので、何とか自分の好きな道を追求して欲しいと思っています。

そんな訳ですので、どなたかお勧めの奨学金をご存知の方がいましたら、どんな些細な情報でも結構ですので是非教えて下さ〜い!!!

  
Posted by goa2ibiza at 09:49Comments(78)TrackBack(0)

2005年08月13日

ケンブリッジ MBA: 中田ボルトンに移籍!

 ケンブリッジ MBA: 中田ボルトンに移籍!

伊フィオレンティーナ所属の中田選手が、英国プレミア・リーグのボルトンに移籍することが決まりそうです!
「プレミア・リーグでプレイしたい。」という彼のコメントを見て、非常に彼らしいなと思いました。

日本では、イタリアのセリエA、スペインのリーガ・エスパニョ―ルが圧倒的に人気なのですが、体力勝負の向きが強く体力で劣る日本人選手には余り向いていないプレミア・リーグをわざわざ選ぶ理由は、プレミアへの憧れとうではなく、彼なりの将来設計図にそこが適しているからに過ぎないと思います。

今では、現在海外でプレイする日本人も増えたため(今日現在、欧州に10人)、中田の威光も薄れつつありますが、初めてそしていまだに唯一セリエAで成功した日本人選手である彼の凄さは過少評価されるべきではないと思います。

何が凄いかと言うと、彼の頭の良さであると思います。
もっと端的に言うと、長所・短所を含めて自分を知り尽くした上、全ての行動を計画している。

余り良く知られていませんが、彼のクラブ選びは非常に賢くいつも感心させられます。韮崎高校卒業時に、ほぼ全部のJリーグクラブから誘いがあったのにも関わらず選んだのは弱小ベルマーレ平塚。イタリア移籍時には、やはり弱小ペルージャ。
そう、全て彼が入ってすぐに中心選手として活躍出来てステップ・アップに使えるチームです。その後、ローマに入って控え中心の生活を送りましたが、大一番のゲームで活躍し日本人初のセリエA優勝を成し遂げました。

そして、今度は?
恐らく、引退後の生活を睨み、英語の訓練もかねての渡英だと思います。
(現時点でも、かなり彼はイタリア語だけでなく、英語も話せるようですが)
欧州ビジネスの中心であるイギリスで、人生の新たなステージに向かって出発しようと目論んでいるのではないでしょうか。

大学サッカー部時代に、幸運なことに韮崎高校時代とベルマーレ平塚時代の彼と何度か練習試合をする機会が有りました。
感心したのは、彼の技術や上手さでありません。
長所・短所を含めて自分を知り尽くした上での極めて計算高い賢いプレーでした。

実は、中村俊輔、小野伸二、名波浩二はもちろんのこと、彼より技術的に上手い選手は日本に沢山います。
しかし、彼レベルの技術、スピードで、あそこまでのレベルで大成功しているのが本当に凄いと思うのです。

やはり、サッカーだけでなく、何かを成し遂げたければ、自分の長所、短所を良く理解した上で、巧みに自分が活かせる場所を見つけ、クリアなゴールを持ち、更にそれに対して揺るがないコミットメントを持って日々忍耐強く取り組むということが大事なのだと思います。

彼の場合は、持ち味は、周りを見る能力、判断力の的確さ&速度、肉体的強さ(後天的)です。
しかも、一説によると、それを強く意識しだしたのは、20歳以下世界大会で対戦したスペイン代表にいたラウール(今を時めくレアルマドリード主将)を見た時だったとのことです。
どういうことかと言うと、当時既にレアルでデビューして世界的に有名であったラウールをベンチマークに、その時点での自分自身を評価して将来の世界進出への自信を得ると共に、課題を見つけその改善に取り組んで行ったのだと思います。

やはり、世界レベルを肌で経験するというのは、非常に良い経験だと思います。
興味深いのは、その時の20歳以下日本代表で、海外で活躍どころか出て行ったのは中田のみという事実です。
勿論、その時に中田より有望視されていた選手は居たわけで、そう考えると、何より大事なのはその本人の心構えなのだと強く思います。

幸運なことに、様々な国に住む経験を得て、大学卒業後の9年間位を海外で暮らしています。世界レベルを肌で感じつつも、常日頃自分の長所・短所を良く理解した上で、明確な目標に向かって頑張って行きたいと思います。

日本人は非常に優秀かつ真面目な方が多いので、少しでも多くの方が、世界レベルを早いうちから経験して、日本と世界を繋ぐ存在となるべく頑張って行ってもらえればと思います。

少し青臭いですが、一緒に頑張りましょう!











  
Posted by goa2ibiza at 03:57Comments(59)TrackBack(1)

2005年07月08日

ケンブリッジMBA: ロンドンで多発テロ発生!

 ロンドンで多発テロ発生!

いや〜、大変なことになりました。
ついに、英国で多発テロが起こってしまいました。
監視カメラがいたるところにあるロンドンは、アメリカに比べテロを
防ぎやすいとは言われていたのですが・・・。
暫くは、ロンドンに行く時に少し緊張しますね・・・。
乗り慣れたロンドンバスの悲惨な姿が、トラウマとなって後に出てきそうです。

BUS







しかし、感心するのは、トニー・ブレアの素早いアクション。
彼は、事件当時G8のため各国首脳と共にスコットランドにおり、
しかも地球温暖化問題、アフリカ問題等の重要課題をリードして難しい会議を
控えていたのですが、素早くロンドンに戻りTVでの国民に対するスピーチを
行っていました。
(しかも、911直後のアメリカ国民に対する演説の最初の一言で、
お気楽というかおめでたいというかの『レディース&ジェントルマン』を
口走り阿呆丸出しであったBUSHと対象的に、威厳と勇気に満ちた力強い演説でした)

TONY







911時に顕著でしたが、CNNを始めとするアメリカのメディアはかなり
情報に偏りがありますので、国際派の方はBBCも確認することを
お勧めします。
アメリカでも、911以降は、国際的感覚を持ったアメリカ人一部知識層の間で、
BBCがかなり重宝されておりました。

有り難い事に、何人かの心優しい方達から、安否を気遣ったメールやお電話を
海外から頂きました。
本当に温かい心遣い有難う御座います。
僕達は、田舎暮らしが幸いして今のところ全く問題ありません。
ケム川では、本当に何事も無かったようにカモの親子が陽だまりの中
仲睦まじく泳いでおります。
ちょっと平和ボケも行きすぎですね・・・。

ところで、まだBLOGの左側部分が消滅したままです。
もしこのBLOGを見ているライブドアの方いらっしゃいましたら、
助けて下さい!
大変お手数お掛け致しますが、連絡先は下記の通りです。

goa2ibiza@yahoo.co.jp


☆ 人気blogランキング 参加中 ☆

クリックして ★ 一票 ★ 応援ありがとう!
  
Posted by goa2ibiza at 21:49Comments(53)TrackBack(1)

2005年07月07日

ケンブリッジMBA: Blogに異常事態発生−どなたか治し方を教えて下さい!

 Blogに異常事態発生−どなたか治し方を教えて下さい!

良いニュースと悪いニュース!!!

お蔭様で、何と昨日のBLOGヒット数が400件/日に到達しました。

日本人にとって、アメリカに比べて馴染みの少ない英国、および欧州の
素晴らしさを、夫婦のMBAライフを通して少しでも日本の多くの方々に
伝えていきたいと思っているので、本当に嬉しいばかりです。
今後も頑張りますので、応援宜しくお願いします。

しかし、嬉しいニュースもあれば、悪いニュースもあるわけで、
人生は本当にうまく出来ています。

何人かに指摘されましたので、お気づきの方も結構いらっしゃるとは思いますが、BLOGのテキスト本文部分の左側以降コンテンツが消えている・・・。
Livedoorには既に修正をお願いしているのですが、いつまで経っても
返事がなく、日本の会社らしからぬ遅いサービスに少し幻滅。

そのような訳ですので、もし同様のハプニングに遭遇したことがあり、
直し方をご存知の方がいらっしゃいましたら、大変お手数お掛け致しますが、
下記メールアドレスまでぜひご連絡お願い致します。

goa2ibiza@yahoo.co.jp


☆ 人気blogランキング 参加中 ☆

クリックして ★ 一票 ★ 応援ありがとう!
  
Posted by goa2ibiza at 01:37Comments(38)TrackBack(1)